【生物・化学ストレスに対処する】 – 自然整体ゆるむのブログ – 大阪北摂豊中の整体-不眠・自律神経失調症専門-自律神経整体と腸もみ

人が感じるストレスの中に生物・科学的ストレスがあります。

これは、肉体的に苦痛を伴う過度な運動や刺激のみならず、たばこ、花粉、ウィルス、アレルギーなど目に見えない物質によるもの。

また、知らずにとっている多様な食品添加物(合成着色料・合成保存料・合成甘味料等)や、アレルゲンとなりうる食品、身体に負担をかける食品(砂糖・小麦など)もストレスです。

これらのストレスに対処するキーワードは「ほどほど」です。

これらのストレスをすべてを無しにする事は現代社会では困難を極め、逆に心理的ストレスになってしまいます。

身体に悪いものを「ほどほど」に減らす努力をしたいものです。

画像の説明

a:604 t:1 y:1