夏場こそお風呂にゆったりと♪

こんにちは、ゆるむスタッフです。

蒸し暑い日が続いたかと思うと、昨日はとても涼しかったり。

薄いタオルケットにしたと思えば、また毛布を引っ張り出したり、、とここのところ体温調整に手がかかります。

特に、身体の健康を損ねていらっしゃる方は、体がついていかなくて、、なんて事態になるのも無理はありません。

季節の変わり目や気温の変動が激しいときは、自律神経が乱れてしまうからです。

気温が安定していても、キンキンに冷房が効いている部屋や電車に長時間いたり、冷たい飲み物や油っぽい食べ物(夏場のフライドチキンなんか美味しいですけどね~(-_-;))、ついついシャワーだけで済ませてしまう、なんて生活を送っていると、10代や20代ではリカバリー力もありますが、30代以降になると今までの積み重ねもあり、体調を崩してしまう方が多いと思います。

体調を崩さないまでも、秋口になるとお肌がくすんでカサカサに乾燥したり、いつの間にか冷え性になってしまっていたり、咳が止まらなくなったり、、、なんて症状が出ていると、それは自律神経が乱れているサインです。

私もここ数年冷え性改善のために、夜必ず湯船に浸かるように心掛けていますが、「暑い!」と思っていても、湯船に浸かると体が冷えているのが実感できます。

湯船に浸かると、リラックスできる副交感神経が優位になるので、夜眠れない方にもとてもいいです。

「毎日湯船は無理」という方でも、3日に一度は湯船、或いは各日、という風にできる範囲でいいのでやってみると、随分体をいたわることになりますよ。

ゆるむのお客様には、身体に優しい生活改善の工夫や食事のアドバイスなど、皆様の体調や回復度に合わせてご提供させていただいております。

長年悩まされていた頭痛が治ったり、不眠から抜け出せたり、というご報告を受けると、院長始め私もとても嬉しく拝聴しております。

一度に完璧に、、、と力まずに、できることから少しずつ。

お客様の活き活きとした笑顔を目標に、スタッフも一歩一歩ご一緒に歩んで行きたいと思います。

画像の説明

a:635 t:1 y:1