身体に優しい食べ物は・・・

こんにちは、ゆるむスタッフです。

先日、施術に来られたお客様が「まだまだ暑いけれど、すこ~し朝晩涼しくなったような気がする」とお話されていました。

言われてみて気付いたのですが、暦の上ではもう立秋(8/7)を過ぎていますね。

ほんの少しの季節の変化に気付かれるなんて、素敵だな~と思いました。

前回のブログにて予告しましたが、今日は腸に優しい食べ物についてお話いたします。

わたし自身も若い頃そうでしたが「今日は自分にご褒美!」と言って大好きなスィーツをお腹いっぱい食べたり、焼肉食べ放題を満喫したり、、、というストレス解消を楽しんでいる友人がいます。

確かに自分が大好きなものをお腹いっぱい食べている時って、幸せな気持ちになりますよね~~。もう、パラダイスです\(^o^)/

ただ、20代などの若い頃は内臓も元気なので、お腹いっぱい食べても翌日にあまり尾を引きませんでしたが、最近は脂っこいものや食べ過ぎた翌日には体がおも~く感じて「あ、内臓に負担がかかってる・・・」と分かるようになりました。

大好きなものを食べて幸せな気持ちになるってことは脳が喜んでいるのですが、残念ながら身体は喜んでいないのです。。。

身体にとって良くないものを脳が認識していないという事です。
そうして気付かずに身体に大きく負担をかけてしまっていることが多いのです。

食べ物に対してだけでなく、脳が認識していない様々なストレスにも私たちは日常さらされています。

人間関係、仕事の量や質でのストレスはまだ自覚できても、スマホやテレビなどブルーライト、ICカード、電子レンジ、水道水、抗菌グッズなど活性酸素を出すもの、、、等々。

便利だけど体に負担をかけてしまうものが私たちの周りにたくさんあります。

ストレスがかかると、活性酸素によって体が酸化し、老化が進みます。老化が進むということは、内臓の働きが弱まり免疫力が落ちる、つまり健康を損なうということです。もちろん、精神的なバランスも崩すことにつながります。

そこでストレスに負けない免疫力を上げる食べ物が重要、ということになるのですが、それが野菜、穀物、豆、海藻なのです。

これらが腸内細菌のエサになり腸内細菌が増えるのですが、この腸内細菌が免疫力を高めるとともに、活性酸素を除去してくれます。

中でもおススメなのが、ぬか漬けです。

ぬかどこは、たんぱく質、脂質、食物繊維、ビタミンA、B1、B2、B6、E、ナイアシン、カ ルシウム、リン、鉄などの栄養素の宝庫☆

ビタミンCも ぬか漬けにする野菜から摂取できるので、一品でほとんどの栄養素が偏りなく摂れるとても優れたバランス栄養食なのです!!

暑さで食欲がないときなんかも、ぬか漬けを食べていただくといいですよ(^^♪

30代、40代に入ると、「あれ、体力落ちたな」「徹夜がキツくなったな」と感じられる方も多いはず。

そろそろ「体に優しい食べ物」を意識してとることが、自分の身体をうまく付き合っていく秘訣となります。

梅干しに引き続き、ぬか漬けをご紹介しましたが、和食には栄養バランスが素晴らしいおかずがたくさんあります。

また、人間は生まれた土地にある食べ物が一番体に合うと言われています。

自分へのご褒美として、大好きなものを食べるのも大切です。

我慢し過ぎちゃうと、それもストレスになりますものね~。

でも、できるだけご褒美は「たま~に」楽しんでいただいて、日頃は身体に優しい食べ物を心がけていただければと思います。

画像の説明

a:631 t:1 y:1