便秘薬の問題点

自然整体サロンゆるむ 院長須藤です。

当サロンを訪れる不調を抱える方々の多くが便秘がちです。
そして、整腸薬や便秘薬を飲んでいるから大丈夫だと思っている方が多い・・(>_<)
画像の説明
という事で・・今日は便秘薬についてお話しします。



便秘薬は・・すなわち下剤です


便秘薬=下剤には、
①塩類下剤(マグネシウム)・・・便を形作る
②刺激性下剤(アントラキノン系・ジフェノール系)・・・腸の神経を刺激

の二つが一般的ですが、いずれも腸内環境を悪化させ、根本解決にならないばかりでなく、便秘薬を飲まないと排便できない様になっていきます。



特に注意したいのが、②の刺激性下剤です。
一般に市販されていて入手しやすく気軽に飲む方が多いのですが、長期服用すると、腸内が大腸黒皮症(大腸メラノーシス)になると言われています。
大腸黒皮症は、腸を動かす神経が侵されて腸の動きが鈍くなっていきます。

とりあえず出ればいいやと下剤に頼っていると将来、とんでもないことになってしまいます。(漢方系の刺激性便秘薬も同じです)



便秘は薬に頼らなくても改善出来ます


ゆるむの便秘改善ブログでは便秘改善のノウハウを毎日少しずつ提供していきます。是非参考にしてくださいね・・。




また、ゆるむでは便秘改善に効果絶大なセルフ腸もみをお伝えしています。
【セルフ腸もみセミナー】?
毎月開催していますよ(^O^)/

今日もお読みいただき有難うございました。


☎ 06-6857-3923
ご予約フォームご相談フォームYouTube動画セミナー案内?

a:629 t:1 y:1