便秘とアトピーを緩和する腸もみ

腸もみで便秘が改善するのはイメージしやすいと思いますが、
腸もみでアトピー症状が緩和するというと・・・え・・なんで???
そんなわけないでしょ??? と言われます。

今日はその???を紹介します。

画像の説明

アトピー性皮膚炎は、アレルゲンとなる食品の摂取や皮膚接触により、皮膚が炎症を起こす症状です。

腸内環境が乱れると食品からアレルゲンを取り込みやすくなってしまいます。※腸の栄養吸収膜の炎症は食べたものを未消化状態で吸収してしまう為、アレルゲンを起こしやすいのです。

また、善玉菌と呼ばれる腸内細菌はアレルギー反応を抑制する物質を作っています。※腸内環境の改善が善玉菌を増やしアレルギー抑制物質である酪酸を増やしてくれます。酪酸とは腸内細菌による微生物発酵で作られる短鎖脂肪酸の一つです。

さらに、便秘などにより内臓の代謝が悪くなると自律神経が乱れます。
自律神経の乱れは、リンパ球などの免疫細胞の量も乱れます。免疫反応が過剰に出てしまう事があります。※自律神経の安定はリンパ球の数を適正にして過剰な炎症を沈めます。




この様に、腸内環境の悪化がアトピー症状を悪化させる要因なのです。



便秘は腸内環境のバロメータです。

腸もみ➡腸内環境改善➡便秘改善
             ☟
腸もみ➡腸内環境改善➡アトピー症状緩和

という事です。



アトピーの方・・腸もみを試してみませんか?



今日もお読みいただき有難うございました。


☎ 06-6857-3923
ご予約フォームご相談フォームYouTube動画セミナー案内?

a:684 t:1 y:1