暑い日こそ、湯船でゆっくり♪

ゆるむスタッフです。

連日寝苦しい夜が続きますが
皆様はなにか対策をしていらっしゃいますか。

TVのCMで、「暑がり!」「寒がり!」とエアコンのリモコンをONOFFの押し合いをしているのがありますが、こんな風景はうちでも「あるある」と思われている方も多いのではないでしょうか。

汗は不快感を伴いますが、汗をかくこと事態はとっても大切なことです。

人間は一定の体温を保つ恒温動物であり、特に臓器の温度は核心温と呼ばれ汗をかくことで約37度に温度を保っていますが、汗には熱を体外へ放出するという大切な役割があるからです。

あるいは電車や職場など外気で体を冷やし続けると、血行障害が起こり、手足や腰が冷えます。
その結果、食欲不振、不眠、倦怠感などの「夏バテ」の症状が現れることも・・

そんなときは、シャワーで済ませるよりもお風呂にゆっくり浸かることで血行が良くなり、疲労物質も早く取り除く効果が期待できます。

さらに入浴で体温が上がった後、1~2時間後の体温が低下するときに眠気を感じやすく、体温の低下の幅が大きいほど、うまく寝付くことができるので、不眠の方はぜひお試しください。

ストレスフルでお疲れの方も、ぬるめのお風呂には副交感神経を優位にし気分を落ち着かせて心地よい眠りに誘ってくれる作用があり、

アロマオイルを数的入れたり、アロマキャンドルなど間接照明で入浴を楽しむのも、非日常感が出てさらにリラックス効果がUPします。

ついつい、これからの季節「今日はシャワーだけでいいか。。。」となりがちですが、身体の疲れをとって、深い眠りにつくためにも、湯船にゆっくり浸かることをオススメいたします。

ぜひ試してみてくださいね。

画像の説明


☎ 06-6857-3923
ご予約フォームご相談フォームYouTube動画セミナー案内?

a:538 t:1 y:3