自分の身体と向き合う

画像の説明

まだまだ寒い日が続きますが、今朝通勤時に蝋梅や福寿草が咲いているのを見つけてすこ~し春の兆しを感じました。

皆様、体調はいかがですか。

お客様の健康について日々考えるうちに、おのずと自分の健康についても考えるようになり、今まで本当に体のことを考えているつもりでちっとも分かっていなかったという反省しきりですが、例年季節の変わり目は必ずと言っていいほど、咳が出たり寝込んだりと体調を崩していたのが、まったくなくなりました。

むしろ、目覚めすっきりで身体も軽く、歳を重ねているにも関わらずパフォーマンスは上がっているかもしれません(笑)

若い頃は「気合い」でなんでも乗り切っていただけのような気がします
(・・;)

これも内臓負担がかかる食べ物の理解や、ストレスの軽減方法などの知識が増えただけでなく、いろんな状況下で自分の身体に何が起こっているのかを理解できるようになったからだと思います。

食べ過ぎたら内臓で何が起こっているのか、

ストレスがかかったら、脳からどんな指令が出て臓器で何が分泌されているのか、、など。

体に悪いと分かっていても、なかなか食習慣を変えることが出来ない方は、一度ビジュアルで見る、知るというのも意識を変えるひとつの手段かと思います。

ということで最近はまっているのがこちら。

学生時代、生物の科目は苦手だったのですが、身体の複雑なメカニズムがよく分かり、今更ながら新鮮な思いで眺めています。

お体の調子を崩されてゆるむにお越しになられるお客様は、お薬をたくさん飲まれているにも関わらず、良くならないというお悩みの方が多いのですが、お医者が出してくれたからという理由で取り込むのではなく自分が飲んでいる薬が、どこにアプローチするもので、どのような働きをするのかを知ることも大切だと思います。

もちろん、美味しいと感じて食べているご飯やスィーツ、お酒なんかも同じです。

私たちの体や心は、口に入れるもので出来ています(^^♪