湯船に浸かって免疫力UP☆

ゆるむスタッフです。

寒い日は特に「温泉に行きたーい」と切に思うこの頃ですが、皆様一週間のうちどのくらいの頻度湯船に浸かっていますか。

お客様に伺うと、冬でもシャワーで済ませていらっしゃる方が多くて(風呂好きな私にとっては)驚きです。

身体を温めるだけでなく、緊張を緩めたり血行がよくなる効果がありますので、ゆるむではできるだけ湯船に浸かっていただくことをおススメいたしますが、さらに「最近風邪をひきやすくなった」「傷の治りが遅くなった」と感じておられたら、ヒートショックプロテインを増やすための入浴をおススメいたします!

ヒートショックプロテインとは熱のストレスを感じることで、体内のたんぱく質を修復し、免疫力UP,乳酸の生産を遅らせる効果を持つもの。

もともと体に備わっているのですが、残念ながら加齢と共に減少します。

40度~42度のお湯に週2回浸かることで増やすことができます。

入浴の仕方は、

1:入浴前はコップ一杯の水を飲む
2:40度~42度のお湯に慣れていない方は、ご自身の平熱プラス1度から始める
3:40度は15分~20分、41度は10分~15分、42度は8~10分を目安に浸かる(ただし無理をしないこと)
4:低体温の方、心臓が弱い方、湯船に浸かるのが不慣れな方は、急に体温を上げると心臓に負担がかかるので、気温差が激しい時は控えたり、浴室や脱衣所を温めておいてから実行してください。
5:入浴後もコップ一杯の水分を補給する

代謝もよくなるので、お肌もきれいになりますよ♡

お風呂上りは湯冷めしないよう、温かく過ごしてくださいね。

運動して基礎代謝を上げるのは面倒、という方も、お試しください。

画像の説明