柔らかい施術と強い施術の違い

画像の説明

来週には桜が開花するそうですね!!今年は春の訪れが早そうです。

今週は気温が初夏のように上がったり、また通年通り下がったりと一日で気温差が10度以上にもなったせいか、「なんだか今週は調子が悪い」というお客様が何名かいらっしゃいました。

自律神経の調節機能が環境の変化に追い付いていない状況です。慌てず、お体の調子を整えにお越しくださいね。

春になると、御新規様も増えるのですが、時々ゆるむの無痛整体を初体験されると「あれ?」という表情をされるお客様がいらっしゃいます。

特に押し揉みの整体を受けたことのある方は、施術前になぜ無痛整体であるのか?や「非常に優しいタッチですよ」というご説明をさせていたぢてご了解いただいていても、やはり心のどこかでイメージされるのは経験された刺激なのでしょう。

どこか物足りないな~、本当に効いているのかな、という表情をされる方がいらっしゃいます。

押し揉みの整体を受けたことがなくても、ご家庭で肩が凝ったりすると自然にぐいぐい揉んだりすることは習慣化されていますよね。

ぐいぐい揉んだり強く叩くと気持ち良かったりしますが、それは一時的なものです。

私もついつい肩が凝るととんとん強く叩いたりモミモミしてしまいますが、以降肩こりがなくなった!なんてことはありませんよね~。

それは身体には強い刺激には耐えようとする働きがあるので、強い刺激によって一時的に緩んだとしても、また再び凝り固まってしまうからです!!

「また凝っちゃったよ~」とさらに強い押し揉みを繰り返すことによって、身体はどんどん固くなり、負のスパイラルに陥っていきます。

筋肉が硬くなると血流やリンパの流れも悪くなり身体の栄養補給や毒素排出がうまくできなくなります。(そして体が冷えたり代謝が悪くなったりして不眠や痩せにくいなど様々な不調へとつながっていきます。。。)

無痛整体の押し揉みはしない、ソフトなタッチに対しては脳は抵抗しないので体が硬くなることもなく徐々に柔らかくなるので本来の体の状態に戻っていきます。

つまり無痛整体は一時的な癒しではなく、根本的に改善するための施術です。

そのため、一回の施術で不定愁訴を改善!という訳にはいきませんが、皆様のお体が本来の柔らかい状態に戻るまでほんの少し気長にお付き合いいただければと思います。