ウォーキングの季節です

ゆるむスタッフです。

今年の冬は本当に寒かったですが、行きつ戻りつしつつも、春めいてくると店頭前を通る人が増えたように感じます。

ゆるむの最寄駅である阪急宝塚&モノレール蛍池は、空港行きの高速バス乗り場もあり、15分も歩けば伊丹空港もあるので、旅姿の方も多くお見受けするようになりました。

中でも阪急宝塚線は、近隣に軽~中程度のハイキングコースもたくさんあるらしく、ハイキング姿の方にも出会います。

ツツジや新緑も眩しく、ついついお出かけしたくなりますよね!!

ところが最近、普段何気なく行っている歩くという基本的な動作は、簡単なようで実は難しいと感じました。

同じ歩くという行為でも、人によって様々なクセがついています。

前かがみで歩く人、

内またで歩く人、

顎を突き出して歩く人、

右肩が上がっている人、

うつむき加減で歩く人。

着地する足裏のどこに力を入れているかも人によって違いそうです。
(靴の減り方で分かりますね。。)

では一体どんな姿勢が正しいのか、なんて考えていると、案外難しいな~と思いました。

鞄の持ち方、職種、生活習慣でついてしまった体のクセは、気付かない間に内臓や血流にも影響を与えてしまいます。

自分で身体のゆがみやあるき癖を知るのは難しいですが、先日のゆるむの施術の際の見立てで上半身がねじれていたり、足の長さが左右違っていたりで自分の身体の使い癖を知るきっかけとなりました。

肩こりや頭痛、便秘、生理痛の原因にもなるということで怖い怖い!!

長い年月をかけてつけてしまった体の使い方は、なかなか急に変えることは難しいですが、時々ねじれを正すことで血流や筋肉の圧迫をゆるめ、正常な状態に戻すことが大切です。

いい季節を楽しみつつ、歩いている際に自分の足裏の着地面はどこか、姿勢は?など自分の身体の使い方を意識してみるのもおもしろいかもいしれません。