自律神経を整えるには全身に働きかける丁寧で繊細な手技が必要です

世の中・・時短と効率化が叫ばれていますが・・。
本物は時間と手間がかかるものです。
安直なものには、リスクや問題点が必ずあるものです。

「自然整体ゆるむ」は、一人のクライアント様に1時間程度の時間をかけて心と身体の両面から整えて行くスタイルにこだわっています。
なので、一日限定7名完全予約制とさせて頂いております。

一人30分で対応すれば・・単純計算で一日14名対応出来るのですが・・。
私のこだわりである「ホリスティック(身体の全体性・統合性)に働きかけて、ホメオスタシス(身体が持つ自然治癒力)を整える」の為には、どうしても時間がかかってしまいます。



開業当時、療術家としての成功は、効率的に身体に働きかける技術とカリスマ的な説得力・・すなわちゴッドハンドになる事だと思っていた時期がありました。
もっと効果的な・・もっと効率的な・・手技をと追い求め・・時短にもチャレンジしました。

身体の反射を利用した。対処的な手技は、確かに時短は出来ます・・・。
しかし・・。
身体の本質的な自然治癒力(ホメオスタシス)を中長期的に改善して行くための脳神経への持続的な働きかけが難しいのです。

ホメオスタシス(自然治癒力)を発揮するには、その中枢である間脳内の視床下部の安定的な働きが重要です。
視床下部を安定化させるためには、身体のあらゆる感覚受容器への微弱刺激で脳全体に信号を送る必要があります。




身体のあらゆる感覚受容器・・。
具体的には、皮膚・筋肉・内臓に埋め込まれた感覚受容器(感覚器)に、頭部・顔面部・四肢・腹部と全体に微弱で優しい刺激を与えていきます。
手間と時間がかかる作業です。
だからこそ、身体の本質である自然治癒力(ホメオスタシス)が働くのです。




勉強もスポーツも習い事もすべて一緒です。
脳神経への刷り込みには、ある程度の時間と繰り返しの刺激が必要です。
乱れた身体の調整力を取り戻す作業も同様です。
根気よく働きかける必要があるのです。




身体の仕組みは、その場しのぎや偽りの通用しない世界なんだとつくづく感じます。




身体が本来持つ仕組みを有用に活用してクライアント様の心身を整えるには丁寧で繊細な全身に働きかける手技が有用です。
それは、ある程度の時間がかかります。




全身に働きかける丁寧で繊細な手技を時間の許す限りクライアント様に届けた時に、クライアント様の自然治癒力は最高度に発揮され・・
病院での長期治療でも改善しなかったような不調が快癒していくものだと実感しています。




不調で苦しむクライアント様が快癒する姿を目の当たりにできる喜びは、手技療法家ならではの幸せです。

ご利用頂くクライアントの皆様に感謝申し上げます。

ありがとうございます。




「自然整体ゆるむ」は、現代病と言われる原因の良くわからない不定愁訴や自律神経失調症状に対応する整体院として運営しています。

◆病院に行っても一向に改善しない
◆原因がよくわからない
◆なんとなく不調だ
◆話を聞いてほしい
◆身体の緊張を和らげたい
こんな方たちが利用しています。

只今、施術体験受付中です。

全身の緊張がゆるみ・・
心身ともに和らぐ感覚を是非体験ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。