オキシトシンって何?

今日はオキシトシンについて話したいと思います。

オキシトシンって脳の中の下垂体って所で分泌されるホルモンです。

愛撫や抱擁などの皮膚刺激によって放出されるので抱擁ホルモンとか愛情ホルモンとか幸せホルモンと呼ばれています。

オキシトシンは人間関係が良好な時に分泌されて、闘争心や恐怖心を減少させてくれます。

皮膚接触でその部位のオキシトシンが分泌されると、周りの細胞のオキシトシン受容体を通じてオキシトシン合成がさらに促進されて体内のオキシトシン量はどんどん上がるのだそうです。

オキシトシンが身体の中であたかも伝染するかの様に増えて行くのですね。

そして一定量が合成されると脳下垂体でオキシトシンが分泌されます。そして心が満たされて幸せ感を感じます。

また、オキシトシンは、繰り返し分泌されるとシステムが定着化して常時分泌されて幸せ感が継続するすです。

こんな素敵なオキシトシン・・・

皆さんも触れ合いの中でオキシトシンをドンドン分泌しましょ(*^_^*)

画像の説明

a:753 t:1 y:1