どんな時に幸せを感じますか? どこで幸せを感じてますか? – 自然整体ゆるむのブログ – 大阪北摂豊中の整体-不眠・自律神経失調症専門-自律神経整体と腸もみ

自然整体サロンゆるむ 院長 須藤です。

ウエルビーイングって言葉があります。
これは、WHO(世界保健機構)創設時の憲章に含まれる言葉です。
「心身が安定した幸せな状態」を意味します。


当サロンはこの【ウエルビーイング】の提供を理念としています。
と・・固い話はさておき・・


私たちはどんな時に「心身が安定した幸せな状態」を感じるのでしょうか?


食べているときに幸せを感じる人もいれば、運動しているときに幸せを感じる人、仕事をしているときに幸せを感じる人・・人それぞれだと思います。



その幸せ・・、どこで感じているのでしょう?


脳が感じているのですね。


3大神経伝達物質の一つであるドーパミンが気持ちよさや幸福感をもたらしてくれます。
ドーパミンは、学習・運動習慣や目標の達成によって快感を得られる報酬系の神経伝達物質です。


そして、私たち人間の脳は記憶とイメージによって思考するという高度な機能を持っています。
つまり、思い出したりイメージしたり想像するだけでドーパミンが出て幸福感を感じることができるのですね。


イメージだけで幸福感に浸れるなんてすばらしいと思いませんか(^^♪


脳のこんな特性を味方にして、ポジティブで明るいイメージをもって日々行動することが、ウエルビーイングをもたらしてくれるんですね・・。

画像の説明

a:640 t:1 y:1